読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カクヨム/なろう投稿作品についてアレコレ考えるブログ

小説投稿などについて書いてます。

「深淵のジークフリート」#narou

拙作「深淵のジークフリート」の紹介です。

このアタリにも詳しい説明があったりします。

二人の「私」が紡ぎ上げる物語。

「神」とは、「世界」とは。

偽りの世界に転生した二人は、

それぞれの道を歩き続け、

それぞれの答えを求めていく。

二人が最後に出会う者、それは……。

そして……

画像

この小難しい序詞から物語はスタートします。

「神」と「人」の運命を巡る、そして、神と人の愛を巡る物語です。

サブタイトルを並べていくとこんな感じになります。

(日付はUPした日)

---------

■第一章:而して蛇は杖から堕ちる

 序詞 2015年 08月 18日

 撞着の剣(1)-甲 2015年 08月 18日

 撞着の剣(2)-甲 2015年 08月 18日

 ギャラルホルンは密やかに-乙 2015年 08月 18日

 異質なもの-甲 2015年 08月 19日

 杖(テイン)に纏わるもの-乙 2015年 08月 19日

 傀儡越し(1)-甲 2015年 08月 19日

 傀儡越し(2)-甲 2015年 08月 19日

 傀儡越し(3)-甲 2015年 08月 19日 (改)

 夢の神-乙 2015年 08月 19日

■第二章:カタチ

 サイファー、忘却のゼロ-甲 2015年 08月 20日

 イシュタル、届かない意識-乙 2015年 08月 20日

 実装された鋳型(1)-甲 2015年 08月 20日 (改)

 実装された鋳型(2)-甲 2015年 08月 20日

 出過ぎた端役(1)-乙 2015年 08月 20日

 出過ぎた端役(2)-乙 2015年 08月 20日

 境目の叙唱(レチタティーヴォ)-甲 2015年 08月 20日

 名前を頂戴(1)-乙 2015年 08月 20日 (改)

 名前を頂戴(2)-乙 2015年 08月 20日 (改)

■第三章:境界面に止まる事象(もの)

 現に囁く-甲 2015年 08月 22日

 光で出来た道標-乙 2015年 08月 22日

 ヒトを縛るもの-甲 2015年 08月 22日

 それは予定調和-乙 2015年 08月 22日

 深淵の騎士と名付けよう(1)-甲 2015年 08月 22日

 深淵の騎士と名付けよう(2)-甲 2015年 08月 22日

 バロック・チェイン(1)-乙 2015年 08月 23日

 バロック・チェイン(2)-乙 2015年 08月 23日

 正しいカタチ-甲 2015年 08月 23日

 これが私の姿(1)-乙 2015年 08月 23日

 これが私の姿(2)-乙 2015年 08月 23日

■第四章:深淵のジークフリート

 クロックワーク-甲 2015年 08月 24日

 プログラム・ペルソナ(1)-乙 2015年 08月 24日

 プログラム・ペルソナ(2)-乙 2015年 08月 24日

 硝子の意識を何と呼ぶ-甲 2015年 08月 24日

 その答えは、思慕(1)-乙 2015年 08月 24日

 その答えは、思慕(2)-乙 2015年 08月 24日

 知恵の実は鉄の臭い(1)-甲 2015年 08月 25日

 知恵の実は鉄の臭い(2)-甲 2015年 08月 25日

 それ故に、創世(ゲネシス)は止まる(1)-乙 2015年 08月 25日

 それ故に、創世(ゲネシス)は止まる(2)-乙 2015年 08月 25日

 それ故に、創世(ゲネシス)は止まる(3)-乙 2015年 08月 25日

■第五章:メビウス

 ミスティルテイン(1)-乙 2015年 08月 26日

 ミスティルテイン(2)-甲 2015年 08月 26日

 アルパなり、オメガなり(1)-乙 2015年 08月 27日

 アルパなり、オメガなり(2)-甲 2015年 08月 27日 (改)

 アルパなり、オメガなり(3)-乙 2015年 08月 27日

 エピローグ 2015年 08月 27日

---------

どうです、サブタイトルからして厨二心を刺激されませんか。

本作「深淵のジークフリート」は、

メビウスと蛇」シリーズの第一部という位置付けです。

そして第二部「憂想のヴァルトラウテ」、第三部「怜冥のブリュンヒルデ」と物語は続きます。

が、それぞれの部がほぼ完全に独立したお話となっており、

別個の作品としても愉しむ事の出来る構成になっています。

(第三部はまだプロットしかありませんけど)

本作に、1/4にレビューを頂いたんですが、

それが以下の内容でした。

(ありがとうございます!)

画像

このレビューの効果か、1/4はなんと、

本作を掲載して以来のPV最高記録を樹立しました!

画像

この勢い、止まらずにいって欲しいと思いますが、

もう完結してるし難しいかなぁ。

ブックマークが増えたり、着実に評価され始めてるのかな? なんて浮かれていたりもします。

お時間のある方は、ちら見だけでも結構ですので、

拙作を覗いていっていただければ幸いです。

⇒「深淵のジークフリート