読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カクヨム/なろう投稿作品についてアレコレ考えるブログ

小説投稿などについて書いてます。

「シスターシスター♡双方向性三角関係」第一話

「シスターシスター♡双方向性三角関係」、以下から連載分全部読めますが、このブログにも最初の1話のみ、全文掲載します。

kakuyomu.jp

 

 昨夜、俺の頭に黒いウサミミが生えた。

 

 それはよく覚えている。

 

 俺の部屋には、俺の姉と先輩が訪ねてきていた。

 

 それもなんとなく覚えている。

 

 だが、そこから先は、ずっと夢でも見ていたのだろうか――というくらい、俺の記憶は薄らぼんやりとしている。

 

 今日は四月二十三日で、満月の次の日だ。ついでに言えば、西暦は二〇一六年。そして土曜日。さらに言えば、ゴールデンマーケットの初日である。

 

 一日の最初に日付と月齢を思い出そうとするのは、かれこれ三年くらい前からの癖だ。おかげさまで、今では三ヶ月くらい先までのお月様の予定が、スラスラと頭の中に呼び出せる。

 

 腹時計的には、まだ午前六時くらいだろう。これもだいたい正確だ。時計を見るためにわざわざ重たい目蓋まぶたを開ける必要はない。

 

 ……だが、全身にのしかかる、柔らかくも質量のあるこの圧迫感プレッシャーはなんだろう。しかも全体的に少々蒸し暑い。

 

 繰り返すが、今は四月だ。の四月といえば、まだ「雪がようやく駆逐された程度」という時期である。いや、四月に雪が降ることすらある。簡単に言うと、寒い。だが、実家を出たばかりの大学一年生である俺には、この時期に暖房器具のような贅沢品を使う経済的余力はない。

 

 そんなわけで、目を開ける前に、昨夜の出来事を整理しよう。

 

 そう思ったその瞬間である。

 

「あぁん、ハルくぅん♡」

 

 そのとろけるような甘い声と、顔に吹きかけられた強烈なアルコールの臭いで、俺は反射的に目を見開いた。もうこれは本能レベルの危機回避リアクションだった。

 

「ううっ!?」

 

 最初に目に入ったのは、妖しくつやめくピンクの唇だった。それは今にも俺の唇に接触しそうなほどに近い。この絵面だけ考えると、とんでもなく「いいね!」な状況ではあった。だがしかし、そんなことよりもどうしようもなく酒臭いのだ。その視覚的美麗さと、嗅覚的衝撃度のギャップに、俺はやられた。もちろん、悪い意味で。

 

 思わず酸っぱい泡を吹きそうになった時である。

 

『キスするんだ、キス! 据え膳だよ! す、え、ぜ、ん! ボクが許す! キスするんだ! っていうか、キスして!』

 

 俺の中のがテンション高く囁いた。――謎の声と言ったら謎の声なのである。

 

 うっかりその誘惑に負けそうにはなったが、それを正気に返らせるほどに、そのうっすら開いた唇の周辺は酒臭かった。もう俺は状態異常である。麻痺パラライズだ。

 

『何だよこの馬鹿、意気地いくじなし!』

 

 朝からやかましいぞ、謎の声!

 

 先の甘ったるい「ハルくぅん♡」は寝言だったみたいだが、とりあえずうるわしき女性が、俺の隣で寝ていた。しかも、そのつるすべぷるん肌の両手両足で、俺のボディをがっちりとホールドした状態で。間違いなく視覚的には「いいね!」であるが以下略。

 

 そんな極楽ライクなシチュエーション(嗅覚除く)の最中さなかにあってなお、俺は全神経を接触部分の皮膚感覚に集中させている。柔らかい、そして、気持ちいい! この感覚は、この思考は、男の本能ゆえなのだ、だから仕方ないのだ。仕方ない。うん。

 

 あ。

 

 そういえば。

 

 ……どうしてこうなったんだっけ?

 

 

と、まぁ、こんな感じです。

なお、この1話については、頻繁に加筆修正されることがありますので、予めご了承くださいませ。

 

kakuyomu.jp