読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カクヨム/なろう投稿作品についてアレコレ考えるブログ

小説投稿などについて書いてます。

一話あたりの文字数

Web小説を書いていて悩む事柄の一つに「1話何文字がベストなのか」というのがあると思う。

たびたびTwitterでも、その手のアンケートが流れてくるのを見る。

実際には個人差がかなりある項目だろう。

ざっくり見たところでは、2000文字、5000文字、あたりで壁があるようだ。

 想定文字数

「シスターシスター♡双方向性三角関係」を連載するにあたり、非常に悩んだのもこの「文字数」である。当初は『2,000文字の話2つで1話』構想で、そんな感じで書き進めていた。

だが、いざ掲載する段になって、実際に試験掲載してみて、「あれ。ながくね?」なんて思ったのである。

 

1フェイズの所要時間をどうするか

自分はとにかく「隙間時間」で小説を読むタイプ。

となると、「1フェイズが極力短く」なっているのが適役である。

つまり、「電車●駅分で読める」とか、「バス乗ってる間で読み切れる」分量が最適ということになり。

「小説家になろう」基準では、1分で500文字という計算らしいので、これを参考にすると。

「2~3分で読み切れる分量」を「1フェイズ」とするのが、私・一式的にはちょうどよいことが、生活リズムからして明らかになった。5分は難しくても、2~3分なら連続して確保することが容易なのだ。そんなもんである。

 

結論として1話の文字数は?

となると、文字数は1,000~1,500文字。そんな計算から生み出されたのが下記のような文字数である。

f:id:estzet_key:20160621230230p:plain

一部例外はあるが、おおむね1,000~1,500文字。

これなら隙間時間で読んでもらえる。心理的圧力が少なくて済む、と考えた。

 

課題

ただ、課題は「物足りなさ」。

ちなみに、私は文字数が少なくとも「物足りなさ」を感じることはないので、この感覚がイマイチよく理解できない。ただ、この文字数で1日1話とすると、物語が全く動かない印象を与えてしまう。ので、1日複数回更新を行うことにした。最初の頃は6回とか更新していた。(今は2回/日)

 

更新回数

「小説家になろう」では、更新回数はかなり重要だ。

更新するとPVがドン、と伸びる。だが、底辺作者的にはそれだけである。

PVが伸びる=評価が伸びる、わけではないのだ。

一方の「カクヨム」では、更新回数はほとんど意味をなさない。

PVが伸びるということもない。

実際に、当初は1日6回更新などをしていたが、PVはほぼ伸びなかった。

そして現在は1日2回更新にして落ち着いているが、それによってPVが落ちたということもない。

 

そして現状へ

  • 1話につき1,000~1,500文字
  • 4~6話程度で1エピソード
  • 更新頻度は「6時台」と「16時台」の2回

6時台にしているのは、「起きてすぐ~登校・出勤時にサッと読める」から。

16時台にしているのは、「帰宅時の交通機関なんかでサッと読める」から。

なんせ1更新につき、2~3分で読める量ですからね。

電車の1駅分、学校・会社でトイレに入った時、弁当を電子レンジで温めている間……で読めるわけです。なので、ほかの作品を読む合間などにも読めるハズ。

……という目論見です。

今のところ、アクセス推移を見る感じですと(←手動で取得してます)、その狙いは当たっている感じがしています。

 

そんな感じで、今後も進めていきます。

が、現在大幅に加筆修正中なので、文字数が一部エピソードで5割増しくらいになっていたりもします(゜¬゜) まぁ、そういうこともありますよ。

参考になれば幸いです。