読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カクヨム/なろう投稿作品についてアレコレ考えるブログ

小説投稿などについて書いてます。

目標設定

カクヨム シスターシスター♡双方向性三角関係 創作 小説 小説家になろう

シスターシスター♡双方向性三角関係」、
最近伸び悩みがひどいので、
改めて目標を設定してみます(゜¬゜)

当初の目標から並べてみます

 

  1. ★10個獲得(クリア)
  2. ★50個獲得(クリア)
  3. 全話PV50オーバー到達(クリア)
  4. ★100個獲得
  5. 全話PV100オーバー到達
  6. ★200個獲得
  7. 全話PV500オーバー到達
  8. ★300個獲得
  9. 全話PV1000オーバー到達

 

とりあえずこのあたりが現実的な目標値でしょう。
★1000個とかは神の領域なのでアレです。

★100個……現在★83個。もうちょっと頑張れば到達できそうです。
支援願います! 支援を!!

全話PV100……現在、最低の話でも67。
これもあと30人ちょいが読んでくれれば……。
ちなみにエピソード20まではほぼ100オーバー達成です。

後半、頑張りたいと思います。改稿で何とかなるレベルかなぁ。
話の筋は変えないので、リーダビリティの改良に留まるんですが。
それでも結構変わってるんですよ、文章。

ちょっと比較してみましょうか。

 

<BEFORE>

 昨夜、俺の頭に黒いウサミミが生えた。

 それはよく覚えている。

 俺の部屋には、俺の姉と先輩が訪ねてきていた。

 それもなんとなく覚えている。

 だが、そこから先は、ずっと夢でも見ていたのだろうか。そのくらい、俺の記憶は薄らぼんやりとしている。

 今日は四月二十三日で、満月の次の日だ。ついでに言えば、西暦は二〇一六年。そして土曜日。さらに言えば、ゴールデンマーケットの初日である。

 一日の最初に日付と月齢を思い出そうとするのは、かれこれ三年くらい前からの癖だ。おかげさまで、今では三ヶ月くらい先までのお月様の予定が、スラスラと頭の中に呼び出せる。

 腹時計的には、まだ午前六時くらいだろう。これもだいたい正確だ。時計を見るためにわざわざ重たい目蓋まぶたを開ける必要はない。

 

<AFTER>

 昨夜、俺の頭に黒いウサミミが生えた。

 それはよく覚えている。

 俺の部屋に、俺の姉と先輩が訪ねてきた。

 それもなんとなく覚えている。

 だが、そこから先は、なんだか曖昧だ。

 今日は四月二十三日で、満月の次の日だ。ついでに言えば、西暦は二〇一六年。そして土曜日だ。

 ――こんな具合に、一日の最初に「日付」と「月齢」を思い出すのは、三年くらい前から習慣になっている。

 腹時計的には、まだ午前六時くらいだろうし、まだ寝ていても問題ないだろう。今日は休日だし。

------

 と、このようにかなりシェイプされています。

 現在進行形で、各所をよりコンパクトにしていってます。無駄を削いで行ってる所です。読みやすいでしょ、この方が。

 自分で読み込めば読み込むほど、無駄が目についてくるので、バシバシ削除していってる感じです。

 「小説家になろう」と比較すると、BEFORE/AFTERが分かり易いです。

 こんな改良を繰り返しつつ、せっかく読みに来てくださった方々を逃がさないように絡め捕って行こうとしているわけです。触手攻撃をお見舞いしてやる!(※美女限定)

 

 是非とも目標達成のため、ご協力・ご支援のほどよろしくお願い致します。

kakuyomu.jp