読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カクヨム/なろう投稿作品についてアレコレ考えるブログ

小説投稿などについて書いてます。

昔は漫画家になりたかった私です。

カクヨム 創作 小説 美味兎屋

今でこそ小説しか書いてませんが
大学時代までは漫画家を目指していたんですよ。
小説も書いてましたが、どっちかというと漫画の方が多めで。

今となってはイラスト1枚描くのも四苦八苦だし、
クオリティもお察しなんですけれどもね。もう人体描けない。

それはそうと、先日より当ブログでも記事にしていますが、
現在、少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」にエントリーしてます。

エントリー作品「美味兎屋」は基本的に「静」な場面が多いので
文字を忠実に漫画風に起こすと、とても止め絵が多くなる。

が、それも漫画家の腕かなと思う次第。

私の脳内イメージ的には押井守監督の「イノセンス」に近い。
賛否両論ある映画ですが、私、イノセンス」大好きなんですよ。
ストーリーもいいですが、あの見せ方が。

モノは ↓ね。アブソリュート・エディション……欲しい。
 (スタンダード[DVD]は持ってます)

イノセンス アブソリュート・エディション [Blu-ray]
 

美味兎屋はアニメでもイケるというか、
アニメになったであろう映像を頭の中で文字化しているので
当然イケるはずなんです。ウケるかどうかは知りませんが。

で、私の考えの根柢には漫画があります。
脳内では「アニメ⇒漫画⇒小説」と落とし込んでいく感じです。
美味兎屋でも同じようにして作っています。
そこに最終的に、
小説ならではの表現を上塗りしていってはいますが。

なのでぜひ、美味兎屋が漫画になった所を見てみたいわけです。
私の脳内イメージがちゃんと伝わっているのか、見てみたい。

というわけなので、美味兎屋」を応援してくださいませ!

kakuyomu.jp