読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カクヨム/なろう投稿作品についてアレコレ考えるブログ

小説投稿などについて書いてます。

艦これ・朝から6-1

出勤前にちらっと6-1。

この「「潜水艦隊」出撃せよ!」任務、きついわりに実入りが少ない。

ネジくらいくれてもいいのに。

f:id:estzet_key:20170417082954p:plain

だいたい1/3くらいの割合で、S勝利できてる感じです。

既に一回クリアしてるので、あと一回。

あと一回S勝利できれば、目障りなマンスリー任務が消えるぜ!!

 

消えた頃に月が変わりそうだけど(゜¬゜)

「艦これ」5-4周回するなど

ぷち復帰してみたものの、何しようか途方に暮れつつ。

とりあえず「『荒潮』を改2にしよう!」と思い立ち。

他にも、Bismarckをdreiにするとか、大鯨ちゃんを育成するとか、まぁいろいろあったりするんですが、とりあえず荒潮かなと。

基本的に自由時間は小説に当てているので、本当に隙間でやってる感じですね。

 

今さらですが、私の5-4周回編成はこんな感じ。

 

・育成艦(ドラム缶3)

・戦艦:主砲・主砲・観測機・徹甲弾

・航巡:主砲・主砲・観測機・ドラム缶

・高速空母×3 Hマスでの制空権確保+あと適当

f:id:estzet_key:20170416215132p:plain

 

こんな感じ……って、あっ!? 荒潮67レベル。

f:id:estzet_key:20170416215217p:plain

 

ぽちっとな。

 

f:id:estzet_key:20170416215314p:plain

 

無事に改2に!

持ってきてくれる装備はこんな感じ。

f:id:estzet_key:20170416215402p:plain

酸素魚雷はいくらあっても足りないし。大発も嬉しい。
探照灯は山ほどある(改修MAXもある)のでちょっと微妙。

 

というわけで、荒潮改2プロジェクトは終わったのであった。

まぁ、レベル67だとまだ心許ないので、75くらいまでは上げる必要がありそうだけど。でも、駆逐艦は結構飽和してるんですよね。

夕立、時雨、綾波の三強に、雪風島風、あとは吹雪以下改2勢など。

本当に足りないのは、艦の練度よりも、艦載機そのものだったりする。

 

まぁ、ぼちぼちやっていきます。まるゆチャレンジも時々やっていこう。

「シスターシスター♡双方向性三角関係・7」執筆中です

というわけで、なぜだか大好評の
シスターシスター♡双方向性三角関係」の完結編となる「」の執筆が進行中です。現在約4割の所まで来ています。

 

ぶっちゃけ、作者の中で「終わり」が見えていません。

というか、いくつかある候補の中で、
ハルくんたちがどれを選択するのかまだ分かっていません。

 

作者的にも、どういう結末になるのかドキドキです。

 

リオさんは最強のヒロイン路線を貫いて頂きます。
そして、ハルくんは最後までモブい人のまま。

人間そう簡単には変わりませんて。

人外連中も出てきたり出てこなかったり。

 

いやー、緊張してきた。「終わらせ方」って本当に難しい。

kakuyomu.jp

油断するとすぐ更新をサボる。

いやー、すみませんね。まさか1か月以上経っていたとは。

 

ちなみにその間に、「セイレネス・ロンド」は第二部の連載がスタートしています。

kakuyomu.jp

 

第一部以上に熱く辛く切ない物語になっています。

ヴェーラと、アーシュオンの飛行士とのラブストーリー。

ヴェーラの心が少しずつ壊れていくという。

その時、周囲の人たちは、彼女に何をしてあげられるのか。

 

応援のほどよろしくお願い致します!

「セイレネス・ロンド」、最終選考に進みました!!

やりました。

セイレネス・ロンド」が読者選考を突破しました~!

ここから先は編集部のお眼鏡に叶うかどうかというところ。

どうにかこうにか形になってくれぇぇぇ。

しかし、ライバルは約40作品。強敵も大勢。

負けたくないなぁ。

kakuyomu.jp

「セイレネス・ロンド」第二部 冒頭部分

4月公開予定の「セイレネス・ロンド」第二部、
歌姫は壮烈に舞う」の冒頭部分を先行公開します!!

 

-----------------------

 

 狙うは『空の女帝』――。

 戦闘機にとって、戦場の空はとても狭い。右手に操縦桿を握り、左手で仮想キーボードを叩きながら、青年は目を見開いて空を探査する。HUDに次々と敵味方の機体情報が表示されては、爆炎の中に消えて行く。

 目標は真紅の戦闘機。ヤーグベルテの守護神、空の女帝。

「いた……!」

 青年は歯を食いしばる。純白の戦闘機が、宵闇に落ちかけた空を煌きらめきながら駆け上がっていく。上空で待ち構える真紅の戦闘機が、悠然とフレアを撒き散らす。空が白色の閃光に覆われ、やがて爆炎の熱量に飲まれた。

「当たるはずもない、か」

 青年はミサイル発射スイッチから手を離し、薄い笑みさえ浮かべてみせた。『空の女帝』は、多弾頭ミサイルの一発や二発で落ちる相手ではないのだ。

 『空の女帝』の真紅の機体は上空を殊更にゆっくりと旋回した。まるで青年を待っているかのように。彼女は流暢なアーシュオン語で言った。

『久しぶり、白皙の猟犬』
「――そうだな」

 通信回線が奪われていた。だが、そんな事すら、『空の女帝』の前では驚くに値しない。余裕、なのだろう。

『アタシを殺せば、あんたは助かる。そういうわけか』
「……そういうことだ」

 それ以外に、助かる道はない。

『良いだろう。だが、アタシは手を抜かない』
「望むところ」

 白皙の猟犬と呼ばれた青年は、一人頷いた。

「始めよう、カティ・メラルティン」
『……そうだね』

 空の女帝――カティ・メラルティン――は、静かに応じた。

 

-----------------------

 

こんな感じです。
第一部を読んだ人は「ナ、ナンダッテー!?」となるでしょうか。

頑張って4月に間に合わせようと思いますので、
応援のほどよろしくお願い致します!

まずは第一部(↓)を!

kakuyomu.jp

えー、読者選考期間は終わり……

って、もう二週間も前だよ!<読者選考〆

 

すみません、完全にサボってました。
あ、いえ、「セイレネス・ロンド」の「第二部」書いてました。死ぬ気で。

 

そんなわけで、「セイレネス・ロンド」ですが、
読者選考期間中の「★獲得数」は、「SF部門」で3位にいたようです。
読者選考は突破したかな??? とかなんとか。

 

kakuyomu.jp