読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カクヨム/なろう投稿作品についてアレコレ考えるブログ

小説投稿などについて書いてます。

「セイレネス」プロローグ #narou

私が一式鍵名義で連載を続けている「セイレネス」より、プロローグを乗っけたいと思います。

なお、掲載完了分については、「小説家になろう」で読めます。

--------------------------------------

 わたしはどうしてこんなところにいるのだろう。

 少女はぼんやりとそう繰り返した。

 自分の声が頭の中で反響し、その度に意識が遠くなる。遠くなったかと思うと、すぐにまた鮮明になる。世界が輪郭だけになり、輪郭が撚り集まって色になる。雑音は散っては生まれ、生まれては音階となり、脳の中で色と空間に変わり、そして不規則に散っていく。それらは意味も問わずに延々と繰り返す。まるで波のように。追復(カノン)のように。

 沈黙と暗闇の中で、少女は身じろぎする。身体はどこにも触れず、何の感覚もない。

 わたしは何をしているのだろう?

 わたしはどこにいるのだろう?

 思い出せない。

 何かが見えた。

 脳の奥でちらりと光った。

 少女は懸命に意識を集中する。

 その光を探して彷徨う。

 そしてやがて、点のようなものが見えてくる。

 点の周りに青い円が見えた。円の周りに数字が見えた。その外側には目盛りのついた円が見えた。

 次々と開かれていく扉を眺めているような気分になった。

「ああ」

 少女は息を吐いた。

 そうだ、このために、わたしはここにいるんだ。

 戦艦<メルポメネ>、わたしはそのコアウェポン――ヴェーラ・グリエール

「あれは、敵――――」

 西暦二〇八八年、セイレーンたちが産声をあげた。

--------------------------------------

どんな物語か気になった方は、

是非「http://ncode.syosetu.com/n2475bs/」にてご確認ください!

覗くだけでもOKです。もちろん無料です。

現在、「第一部#AB:solute」は完結し、

「第二部#Convictus」を連載中です。夏ごろには終わります。

そして、「第三部#Duplicator」を夏以降連載し、1年ほどかけて完結する予定です。

先の長い話ですが、少しでも関心を持っていただければ幸いです。

よろしくお願い致します。