読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カクヨム/なろう投稿作品についてアレコレ考えるブログ

小説投稿などについて書いてます。

「カクヨム」に登録するということ

「作者」という立場であれば、
カクヨムに参戦するのであれば、カクヨムへ登録します。
そうじゃなければ投稿できないのですから、当然です。

 

一方で、「読者」という立場なら?
カクヨムにユーザ登録しなくても、読むことはできます。

 

小説を書く立場としては
「一人でも多くの人に読んでほしい」という思いがあるので、
未登録でも「読める」ということは歓迎すべきことです。

 

ですが、それだけではありません。
作者だって人間です。
「何かしらの反応があったら嬉しい」ものです。

 

そして、それが「評価に繋がれば、なお嬉しい」のです。

 

カクヨム未登録では、「反応」できません。
ただ、PVという数値を増やしていくだけです。

「PVが増えるだけでも、増えないよりは断然いい。
 増やしているだけマシだろ」

……という意見が出るのも仕方ないと思います。

ですが、PV自体はランキングに影響を与えない(と思われる)。
つまり「評価」という意味ではゼロに等しいのです。

※作者によっては「PV増えるだけいいじゃん」
 ……という意見を持つかと思いますが、
 多くのクリエイターにとっては
 「何らかの反応が欲しい」というのは
 偽らざる気持ちだというふうに仮定して話を進めます。

 

作者のモチベーションを保つ事由というのはさまざまだと思いますが、
カクヨムにおいては「」「レビュー(文)」、これだと思います。
小説のフォロー」も、まぁ、一種の評価と考えていいかもです。名前が出るので。

カクヨム未登録では、このいずれもできない。

つまり、作者や作品を「応援」できないのです。

PVという形でも間接的な貢献はできます。
「PVが100の作品と10,000の作品、どちらを優先的に読む?」
と訊かれれば、大多数はおそらく後者の方になると思いますので。

ですが、作者としては「数値」ではなく、
「顔の見える反応」が欲しいのです。 

CDや書籍の話に置き換えれば「●万枚(万部)売れた!」というのは、
記録としてはすごいと思います。が、本人たちはどうでしょう。
彼らは売り上げは「収入」に直結するので、その意味では嬉しいでしょう。
が、「売上」が「収入」に結びつかないとしたら?

「●●売れたよ!」と言われても、
「ふぅん」で終わっちゃうのではないでしょうか。

その一方で、数百枚・数百部しか売れなかったとしても、
買ってくれた人が「サインください」とか「いつも読んでます」とか
言ってくれたらどうでしょうか。
あるいは思いを綴ったファンレターをくれたらどうでしょう。

これを嬉しく感じない人はいないと思います。

カクヨムでの「★」や「レビュー」は、
そういった「顔の見える反応」なんだと思います。

 

現時点、拙作「シスターシスター♡双方向性三角関係」は、
PVこそ伸びていますが、★がほとんど得られていません。

PV推移管理表を作って眺めていると
「確かに読まれている」という「事実」はわかります。
「あ、最後まで行った」ということもわかります。
 (結構詳細にユーザのページ遷移がわかります)

ですが、★は増えない……。

つまり、「売上」は増えたが、購買者から声はかからなかった。
という「事実」です。

最後まで読んで頂けた=そこそこ(以上に)面白かった
という「事実」も認定していいのかな、なんて思っていたりもします。
「読んで頂きありがとうございます」という気持ちは間違いなくあります。

しかし、それと同時に、
「シスターシスター♡双方向性三角関係」では、
「登録してまで反応してやろうという気にさせられなかったか」という
マイナスの評価も発生してしまいます。
(最後まで読んでもらえたことはプラス評価なんですが……)

 

つまり何を言いたいのかというと、
その「作品」を少しでも「いいな」と感じたのであれば、
せめて「★」を投じてほしいということです。1つでも。

そのために必要なのは、「カクヨムへの登録」です。

一度登録してしまえば済む話です。

一度登録してしまえば、何かふとお話を読んだ時でも、
気軽に「★」を投入できます。

作者に「顔の見える反応」をすることができます。

 

一人の作者としてお願いします。

もし、「カクヨムの作品を読むよ」という方で
カクヨム未登録」の方がいらっしゃったら。

ぜひ、登録してください。

そして、作品を読んだら、ぜひ★を入れてください。
(「★に値しない」のなら不要ですが!)

 

よろしくお願い致します。

 

そして、拙作(↓)も読んで頂けるとなお嬉しい。

kakuyomu.jp

kakuyomu.jp